子どもの不登校に思い悩む日々を乗り越えてきた話題のブロガーrika。この3年で、同じ悩みを持つ全国のママ1,000人以上を笑顔に導いてきた、ママも子供もハッピーになれるメソッドがついに自宅にいながら学べるようになりました!

年々、不登校の子が増えています。
何を隠そう、我が子もそうでした。

中学受験をし私立中学に入学した息子。

中1の1学期は、朝6時起床、満員電車での通学、レベルの高い勉強、ハードな部活、夜9時に帰宅、たくさんの課題、友達との付き合い、睡眠不足、慢性疲労。

それでもすごく頑張って、すべてを精一杯こなし、私も「それが当たり前だし、頑張れ〜!」って言ってました。

でも、中1の夏休み明けから不登校。

1学期、いっぱいいっぱいになりながら頑張っていたので、不登校の原因はそれだと思っていました。

その時はまだ、息子がホントは何に苦しんでいたのか、私は何もわかっていませんでした。
息子のことだけじゃなく、私は自分のこともわかっていませんでした。

ママの意識が変わると子どもにも変化が…

ですが、息子をなんとか学校に行かせようとすることをやめた時に、自分の昔から持っているガチガチの価値観や思い込みのせいで、私自身がとっても苦しかったということ、そして、それを押し付けてたせいで息子もとても苦しんでいたということを、自分と向き合ううちに気づきました。

そして、自分のしんどさを受け入れると、息子のことも受け入れられるようになりました。

自分のいらない価値観や思い込みを手放し、何が大切で、自分はどうしたいのかを意識するようになり、ホントの幸せは何かに気づきました。

私の意識が変わると息子はどんどん自分を取り戻して行きました。

前までは、なんとか息子を強くたくましくせねば!とばかり思っていましたが、苦手な状況、苦手な環境で我慢してなんとか適応していくのではなく、悩んだり葛藤したりしながら、失敗も成功もいろんな経験を積み重ね、いろんな感情を味わって、自分に合う世界で、自分らしくイキイキ生きていくことこそ自分の人生を生きるということだ!と今は心から思えるようになりました。

そして、息子が不登校の最中、なんとノーマークだった私立難関中高一貫校に通う高2の娘が、学校を辞めました。そして、通信制高校に入学。

 そんなことになるなんて予想だにしていなかった展開でしたが、息子の不登校からいろいろ学んだこともあり、娘の思いや夢や考えを聞き、夫婦でその選択を受け入れました。
さらに、息子も、通信制高校(娘とは別の学校)に入学。不登校だったのがウソみたいに学校を楽しんでいます。

 私も夫も、今は、子どもの人生、姉弟それぞれの道を全力で応援したいと思っています。

そして、子どもたちはこれからも、自分で切り開いていく素晴らしい人生を歩むんだろうなあと、今は本当にワクワクしています

私も3年前までは、周りを気にして小さな世界で生きていましたが、自分の人生は自分で作れるし、自分のことは自分で幸せにできる!と今は心から感じています。

〜子どもが前を向くためには、
まずはよい親子関係から〜

※写真はイメージです。当プログラムとはなんら関連がございません。

と、モヤモヤしてる方がたくさんいらっしゃるかと思います。

子どもが自分で自分のために動き出すためには、まず心が前向きに元気になる必要があります。

私は、自身の経験から知りえたことを、同じ思いに悩む、たくさんのママにセッションをさせていただき、まもなく3年になります。先日、久々に手帳を数えてみたら、なんと1,000人以上のママとお話させていただいていました。

セッション後、しばらくして、いろいろなうれしいご報告をいただく中で共通して言えること、それは、子どもが前を向くためには、親子のよい関係を作るのが先決!
これを実感しております。

昨今、世の中では、新しい学び方や生き方の多様性を受け入れる方向に進んでいるように感じます。

そうは言っても、実際自分の子どもが学校がイヤだと言ったり、実際行き渋るようになったり、さらに不登校になった時は話は別。

苦しく鬱々した不安な日々を過ごされるママがほとんどだと思います。

今は子どもへの関わり方や対応などの本もたくさん出ています。

それらを読み、勉強し、実際子どもにそのように対応しても、なかなかうまくいかない、という方も多いのではないでしょうか。

ぎこちなく、うわべだけの声掛けや小手先の対応や、子どもの自己肯定感を上げるための言葉がけ。いろいろ頑張ってるけど、なかなかうまくいかない。

私もそうやって葛藤してきました。

私はダメだ。私のせいで子どもがこんなことになった。私が何とかしなきゃならないのに・・・。


子どもが不登校になって、こんな気持ちを味わってるママはきっとたくさんいらっしゃるはず。
でも、ママがそうやって自分を責めて、心が苦しくなっていては、状況はますますしんどくなります。

子どもの自己肯定感をあげたり、子どもの罪悪感をとったり、子どもを何とかしようとする前に、まずママが苦しい自分自身をなんとかしてあげましょう。

ママがラクになると、その背中を見ている子どももラクになるのです。

具体的ですごくわかりやすかったです。子育てで悩んだママ、同じ目線で同じ経験をされてすごく納得で、ママとしての思いや揺れる気持ち、そこからの子どもへの向け方など、本当に参考になりました。

同じように悩むたくさんのママと関わってこられたからこそ、対応だけでなくママの内面にフォーカスした講座で、今までの8か月間のモヤモヤが一気に晴れました。(中3不登校のママ)


子どもが学校に行きしぶるようになってから、たくさんの講座や勉強会などに行き、子どもの心理を学び、良いといわれている対応はすべてやってきました。

たとえば声かけや接し方。子どもが話すときは手を止め目を見てしっかり耳を傾ける。そして、うんうんと傾聴。ただひたすら聞く。そして、なるほど、そうなんだねと共感。絶対否定はしない。ネガティブな発言、暴力的な発言にもただただそれを徹底してきました。

でも、どんどん私の接し方がぎこちなくなり、腫れ物扱いになり、完全に子どもの機嫌を取る状態になっていき、そんな私を子どもも冷めた目で見るようになり、会話はまったくなくなり、学校に行く日も作った弁当を持って行ってくれなくなりました。不登校にならないために良い対応を学んで実行しているのに、私はどうしてダメなんだろう?と途方に暮れていた時、rikaさんの講座に出会いました。

今までうわべだけ取り繕ってた関わり方だけど、なにがズレていたのか、その下にあった本当の意味、なぜそれが大切なのかもしっかり腑に落ち、やっと目の前が明るくなりました。
私が力を抜くと、子どもの私への目も変わってきました。今は本当の意味で、子どもと向き合い、子どもとやっといろいろ話ができる関係性になってきました。お弁当も持っていくようになりました。まだ今からですが、ここから再出発したいと思います。(中2行き渋りのママ)


すごく納得できました。毎日どれだけ必死で子どもの登校にとらわれていたんだろうと気付きました。そんなプレッシャーと緊張感あふれる親子関係、家庭の中では、子どもも全然リラックスできないし、明日への鋭気が養われなくて当然だったんですね。私自身がリラックスして子どもと関わっていけるようになり、やっと家族でゆっくり会話できるようになりました。何か月ぶりだろ(笑)(中1不登校のママ)


子どもが不登校になってずっと私の気持ちは沈んでいましたが、やっと浮上しました! ずっと、子どもをなんとかする!という視点でいろいろなことを試したり、カウンセリングを受けたりしてきましたが、視点が全然違って目からウロコでした。(小5不登校のママ)


すごく勉強になりました。教師の立場から、行き渋りや不登校の子どもやそのご家庭への関わりはいつも悩むのですが、お母さん目線での子どもへの家庭でのアプローチや関わり方について、とても参考になりました。クラスのお母さんに家庭での対応を相談された時に、方向性を示す参考になりました。ありがとうございました!(中学教師)


※ご注意:講座をご受講されることで、必ずしも一定の効果をお約束するものではなく、個人差がございます。

今はまだ、過去の私のように、心から笑えない日々をお過ごしのママも多いことかと思います。

でも、安心してくださいね。同じように悩むママも多いのです。あなたは一人じゃありません!

私の経験から知りえたヒントを包み隠さずお伝えいたします。

親子で心から笑える日を信じて、3か月一緒に学んでいきましょう。

このページをご覧いただきありがとうございます。

私立中高一貫校に入学し、中1秋からずーっと不登校だった息子、難関中高一貫校を高2で辞めた娘、今は夢に向かって通信制に通学する高校生2人の子のママです♡

息子の不登校、娘の中退では、葛藤し、悩み、苦しみ、初期は本当につらくて、毎日をなんとか必死で生きてきた、そんな感じでした。 

それらの経験や、その中から気づいた大切なことなどを、すべてをブログに綴ってきました。

今は、リーディングセッションやコース、講座など、個人の方向けのメニューを提供したり、不登校の子を持つママのお話会、お茶会や、親子が仲良くなる講座、引き寄せ、設定などの講座などを開催しています。

この3年で、全国からたくさんのママが会いに来てくださり、のべ1000人の方がセッションや講座、お話会にご参加くださいました。

これからもたくさんのお母さんたちに、子どももママも幸せになる生き方をお伝えしていきたいと思っています。

セッションなどはハードルが高いと思われている方や、まだだれにも相談できずに悩んでいる方など、ぜひお気軽にオンライン講座をご受講ください。

ブログも是非、覗いてみてくださいね。
https://ameblo.jp/hayrika1117/

子育てに悩むすべてのママが笑顔になり、子供の笑顔が世界中に広がることを心から願っています。

2021年2月吉日

rika

ここまでお付き合いいただき、本当にありがとうございます。
ここからは、本サービスの詳細についてお伝えさせてください。

いかがでしょうか?月額の値段を考えると、価値が大幅に上回るサービス内容にさせていただきました。それでは、実際にどのような内容が学べるのか、以下でお伝えして参ります。

コンテンツは会員様のご要望によって一部変わる場合があります。

毎月のテーマに沿った、PDFテキストの配布と動画の配信
1ヶ月目

学校が楽しくない、学校がイヤだ!とネガティブ発言が出だした時に心がけたいこと

2ヶ月目

不登校ママに共通の心の癖&ママの気持ちを整理して、まずはママがリラックス

3ヶ月目

子どもがまた前を向くためにママにできること

※ご注意 内容と順番は変わる場合がございます。
・Q&Aコーナーの設置と回答音声の配信

今回、これだけの内容をご用意させていただきました。どなたさまでも、きっと、ご満足いただける実践的で濃い内容に仕上がっております。また、月額のオンラインプログラムのなかでは、このサービスのボリュームはかなり多くのメリットをご提供させていただいていると自負しております。ぜひ、一緒に3か月歩んでいきましょう!

ページ下部の申込ボタンよりフォームを開き
必要事項を入力決済をして完了

※個人情報取扱に関するお知らせ
お申し込み後は、rikaと株式会社Clover出版からのお知らせが届くことがあります。

決済後、メンバーズページにログインするための
「ID」と「パスワード」が
登録したアドレスに届きます!

さっそく、メンバーズページに
ログイン!


登録完了日より、
お楽しみいただけます!

※2か月目のコンテンツ配信は30日後の朝7時となります。
※月々の決済、または一括払いの決済を
されている方は
サービス期間中お楽しみいただけます。

※できるだけPCでご覧ください。
※この音声は従来型の携帯電話では見られませんので、
PCかスマホでご覧ください。
選べる2コース

スタンダードコース 月々1,980円×3か月

【1】毎月会員限定ページにテキストを配布(PDF)
【2】毎月会員限定ページに音声を配信
【3】rikaのイベント・セミナー情報をいち早くGET!

プレミアムコース 月々2,980円×3か月

会員限定のメリットを凝縮させたプレミアムなコース

スタンダードコースの内容にプラスして
【1】Q&Aコーナーを設置
【2】質問に対する回答音声の配信

このプログラムはできるだけ3か月継続いただければと思いますが、誰でも気軽に参加していただけるものにしたいという思いもあり、できるだけご負担にならない金額でPayPal決済にて毎月お支払いただけるようにしています。(クレジットカード[PayPal]分割決済は途中退会可能)。また、3か月必ずやってみる!という方には、お得な一括払い方法も用意させていただきました。 。


スタンダードコース
月額1,980円×3か月=5,940円のところを一括払い(銀行振込・クレジットカード[PayPal])の方は優待価格5,300円とお得な設定とさせていただきます。


プレミアムコース
月額2,980円×3か月=8,940円のところを一括払い(銀行振込・クレジットカード[PayPal])の方は優待価格の7,950円とお得な設定とさせていただきます。


募集期間は2021年2月23日~3月31日の期間限定となっております。

また、このプログラムは、順序を大切にして進んでいきます。そのため、途中入会ができないプログラムになっております。ご注意ください。

このプログラムは、登録完了日から開始し、3か月間で終了致します。

どんなプログラムですか?

プログラムの3か月間、専用のメンバーズページにて毎月、rikaによる『子育て』に関するコンテンツと、その他、お楽しみいただけるサービスを会員限定サイトにアップ致します。お持ちのPCやタブレット端末・スマホからアクセスしていただき視聴いただくプログラムです。

プログラムにサポートはありますか?

会員専用サイトに事務手続きや使い方に関するQ&A集を掲載いたします。またプログラム期間中、事務的なご質問に関してメールサポートは回数無制限です。

※rika、本人が、お悩み、その他のご相談に関して、個別にお答えすることを保証したプログラムではございませんので予めご了承ください。

継続するのが苦手です。大丈夫でしょうか?

ご自身で継続をするのが苦手な方も多いと思いますが、毎月のテーマに沿って進めていきますので、継続が苦手な方でも続けていただきやすい環境づくりをさせていただいております。

登録フォームから申し込んだのですが決済画面から先に進みません。

一斉に購入をご希望の方が集まったため、一時的にサーバーがパンクしてしまった可能性がございます。大変恐れ入りますが、ほんの少し時間をおいてから再度お支払いの手続きをお願いいたします。もしそれでもうまくいかない場合はお手数ですが、下記のいずれかの方法を複数お試ししただき、再度手続き頂けると幸いです。

①ブラウザの更新(F5ボタンを押してください)
②他のブラウザ(GoogleChromeや、FireFoxが推奨です)でアクセスをしてみてください。

視聴期間はいつまでですか?

プログラムのコンテンツは3か月間です。

どの様な支払い方法がありますか?

1,980円 (税込)、または2,980円(税込み)の支払方法は、PayPalクレジットと銀行振込が可能です。決済は『PayPal』の決済サー ビスを経由するため弊社にカード情報等が残る事は無く、セキュリティーも万全です。パソコン、スマートフォン・タブレット端末から決済することが可能です。

メンバーズサイトへの毎月のコンテンツ(動画)掲載の日時はいつですか?

基本的には毎月1日を目途に、朝の7時に掲載となります。
※初回は2019年8月1日となります。

申し込み後の自動返信メールが届きません。

メールが迷惑メールフォルダに入っている場合や、件名冒頭に【SPAM】と表示される場合があります。
また受信先エラーの可能性がございますので下のほうにある迷惑メールフォルダなどの確認やドメイン指定をお願いいたします。

配信メールアドレス:support@cloversupport.biz
ドメイン設定の方法は、以下に詳細の記載があります。

■ Gメールの方⇒ http://mail-wake.com/manual/gmail.html
■ Yahoo!メールの方⇒ http://mail-wake.com/manual/yahoo.html
■ アウトルックの方⇒ http://mail-wake.com/manual/outlook.html
■ Outlook Expressの方⇒ http://mail-wake.com/manual/express.html
■ その他のメールの方⇒ http://mail-wake.com/wake/
■ スマートフォン・キャリアのメールの方⇒ http://www.agentpub.jp/todokanaip/

なお、キャリアメールアドレス(携帯メールのアドレス)でお申込みされた方は、ドメイン指定受信をしていただかないとメールが受信できない場合があります。
その場合は、「@cloversupport.biz」をドメイン指定受信してください。
ドメイン指定受信の方法について詳しくは、次項目の「ドメイン指定受信について」をご確認ください。
●docomoの場合
●auの場合
●Softbankの場合

以下にある、決済方法の申込ボタンをクリックしてください。
その後表示されるフォームに必要事項をご入力ください。

ご登録をいただきましたメールアドレスに自動返信メールが届きますので、
記載されている内容の通り決済をしてください。以上でお手続きは完了になります。

※ご登録時のメールアドレスとパスワードは必ずお忘れにならないようにお願いいたします。
メンバーズページにアクセスする際に使用します。


当サイトからお送りしたメールが受信できない場合、こちらのページも参考になさってください。
届くはずのメールが届かない
※上記のページに携帯の受信設定も書いてありますので、必ず目を通して頂いた上で、お問い合せをお願いいたします。

■iCloud、Hotmail、i.softbank.jpのメールアドレスを使用している

iCloud、Hotmail、i.softbank.jpのメールアドレスの方はメールが届きにくくなっております。別のメールアドレスでの御登録をお勧めしております。

プログラムのログイン先は、Clover出版HP(https://www.cloverpub.jp/)のトップページにあります新着情報に、開講日近くになりましたら掲載されますので、そちらもご覧になってください。

※申込後の自動返信メールが届かない場合のお問い合せ先
株式会社Clover出版
問い合わせフォーム
TEL:03-6910-0605(平日11時~17時 土日祝、年末年始休日)
いない場合は留守番電話か問い合わせフォームにご記入ください。

※個人情報取扱に関するお知らせ
お申し込み後は、rikaと株式会社Clover出版からのお知らせが届くことがあります。