刊行書籍

膿み――父親に、愛されなかった娘たちへ

更新日:

 

価格: 1,760円(税込)

 

膿み――父親に、愛されなかった娘たちへ

  • 著者:田丸 依莉
  • 出版社:Clover出版 (2019/4/30)
  • 発売日:2019/6/2
  • 言語:日本語

内容紹介

【実話! 児童虐待、殺したい父、噴き出す膿と憎悪――――
残酷の果てで見つけた、「愛」とはどんな姿であったか。独白的自伝作品の快作! 】

凄惨な父の暴力、消えた母、歪んだ近親者たち、難治の大病。

そこにあるのは、生まれ落ちてから、
親から愛されることがなかった娘の、残酷な現実の姿。

「愛」と正反対の場所に生まれ落ちた、いち女性が、
血と泥をすすって辿り着いた場所で見たモノとは……

残酷の果てで見つけた、「愛」とはどんな姿であったか。独白的自伝の快作!

仰天のラストが待つ!


父は私の記憶では毎日のようにクダクダ飲んでは、酔っ払い特有のからみを見せる。
お金が足りなくなると途中で帰って来ては家の持ち金を全部持って行き、
それから帰って来るとまた飲み、暴力暴言、大声でわめき散らす。怒鳴りちらす。

男が決してやらかしてはいけない無抵抗な幼児、年寄りを含むすべての女性達に対して
暴れる所業の数々を成し遂げてゆく。持ち金どころか、あらゆる持ち物を黙って質に入れられる。

あんな毎晩大酒を飲んでは暴れまくるヤツに……。
どんなに小さな子供だとはいえ感情はある。
本能的な羞恥の感情も持っている。

なのにだ。
毎日、そんなヤツがすることに対してかなり気を張って生きていて、
本音を言うと心の中は恐怖しかないのが本音。

なのにだ。
自分の中ではこれは猛烈な屈辱感にもつながっていき、
そしてこのあと、これらの感情が常に同居する。曲がった感情へと発展してゆく。

「このままでは生きてはゆけない」
子供なりに本能で悟る。

やっかいな感情がその後の私の人生上に起きてしまう。

「男には」
「男にだけは」
「負けない」

3才。まだ、この世に生を受けて3年。

家族をその暴力から守るために両手を広げて立ちはだかっていたその幼い子には、
まだまだ長い、想像を絶する残酷が横たえていた……

著者について

田丸 依莉

作家、啓発家、劇作家、演出家。

数奇の運命の元に生まれ、物心ついた頃より、苦難と逆境の中で生きることを余儀なくされる。
人間の持つ感情や本質、エゴに幼くして接し、人間とはいかなるものかを身をもって学ぶ。

三度の大病を経験するも、独自に確立した「心と氣の持ち方の意識変容法」で克服。
見えないもの、聞こえないもの、を感じ取る感覚を持って育ち、20代で仏教に帰依。法名は惠龍。

創立100年の老舗私立幼稚園園長として一時代を築き、子供から大人まで育て導く。
また幼児と児童のための創作英語劇、劇作家・演出家、子供の力と潜在能力を開花向上させる「子供のためのコーチングテイーチャー」、子育てに悩むママ達を救う「子育て心理カウンセラー」としても実績を上げる。
小学・中学・高等学校英語教師。日本盲導犬協会会員という一面も。

主著に
「こどものためのそうさくえいごげき」(文芸社)
「あなたの子育てをハッピーにかえる28の魔法の言葉」
「はじめてママになるあなたに贈る18のおまじない」(ともに新日本文芸協会)

-刊行書籍

Copyright© Clover出版書籍販売サイト , 2019 AllRights Reserved.