刊行書籍

新感覚の「塗り絵&内観メソッド」で気づく ほんとうの私を見る練習

更新日:

新感覚の「塗り絵&内観メソッド」で気づく ほんとうの私を見る練習

 

価格: 1,620円(税込)

 

新感覚の「塗り絵&内観メソッド」で気づく ほんとうの私を見る練習

著者: 奥平 亜美衣 (著), レイチェル・マツダ (著), Naosenyum (イラスト)

単行本: 64ページ

出版社: Clover出版

言語: 日本語

ISBN-10: 4782590199

ISBN-13: 978-4782590195

発売日: 2017/6/27

価格: 1,620円(税込)

初公開!フォーチュンアート+Notice Artで、手のひらの上で『私のこころ』が見える!描いて、観て、答える“新・内観アートセラピー”

もし、『自分のこころ』が、目の前に見えたらどう思いますか?

もし、『自分のこころ』が、手に取るように見えたら、何に気づきますか?

きっと、この先の生き方が見えるでしょう。
きっと、今抱える悩みがわかるでしょう。

そして、それらが、ひとつずつほどけていくでしょう。

「引き寄せ」でも、もっとも大切なことは、本当の望みに気づくこと。
でも、自分のこころは目に見えません。

本書は、引き寄せ作家、奥平亜美衣が実践している、心を観るワークです。
それをはじめて、具体的なメソッドとして公開します。

本書でご紹介するフォーチュンアートは、
絵という表現を使って自分を知るひとつの方法です。

あなたがもし自分の望み通りの人生を生きたいのなら、
まず、自分のことを知らなくてはいけません。

自分のことというのは、
一番知っているようで、わからない部分も多いものです。

見たくない部分を見ないようにしていたり、
わかったふりをしていたり……。

よほど、自分の本音に素直に生きてきた人でなければ、
自分を知っている、とは言えないもの。

自分は何を望んでいて、
何を望んでいないのか、

何に喜びを感じ、
何に不安を感じるのか……。

あらためて向き合ってみると、
頭で考えているだけではわからない場合も多々あります。

あなたが描く絵は、
あなたの心の奥深いところから湧き出てくる魂のメッセージ。
複雑なあなたの心を目に見える形で映し出してくれるものです。

いつも忙しく働いている思考を少しだけ鎮めて、
自分の心や感覚に身を委ねてみましょう。

そして、あなたの心を表現してみましょう。
そうすることで、まだ見ぬ自分、より本質に近い自分に出会えるはずです。

あなたが本当の自分、そして自分の望んでいることを知れば知るほど、
あなたの人生は、あなたの魂が望んでいた通りに展開していきます。

喜びあふれた人生を創っていくために、
是非、このフォーチュンアートを取り入れてみてください!

著者について

奥平 亜美衣

作家
1977年 兵庫県生まれ、お茶の水女子大学卒。
大学卒業後、イギリス・ロンドンに約半年、インドネシア・バリに約4年間滞在し、日本へ帰国。ごく普通の会社員兼主婦生活を送っていたが、2010年に書籍『アミ小さな宇宙人』(徳間書店)に出会ったことで、スピリチュアルの世界に足を踏み入れる。2012年『サラとソロモン』 (ナチュラルスピリット)と出会い、「引き寄せの法則」に従って、「いい気分を選択する」ことを実践したところ現実が激変。その経験を伝えるべくブログを立ち上げると、わかりやすい「引き寄せ」ブログとしてたちまち評判になり、約1年で出版という夢を叶えることに。

『「引き寄せ」の教科書』(Clover出版)をはじめ、著書は次々とベストセラー、累計部数は57万部を突破。現在はバリに移住し、執筆業を中心に活動中。「引き寄せ」で夢を叶え、望む人生を手に入れるということを自らの人生で体現し続けている。

オフィシャルブログ https://lineblog.me/amyokudaira/

レイチェル・マツダ(松田範子)

アートセラピスト
フォーチュンアートマスター
「自閉症の息子の心の声を聞きたい! 」という想いからアートセラピーの世界へ。アートが心のバランスを整えること、言葉で表現できない想いをメッセージとして届けてくれることを、多くのクライアントさんを通じて確信する。数年を経たのち、それまでの「癒し」から、「未来の創造」をテーマにした体験型ワークショップ《輝く未来をつくる フォーチュンアート》を確立するに至り、日本全国をはじめ世界に発信する活動を始める。今春より、共に活動するファシリテーターの養成も開始。

HP http://www.sanctuary-planning.com/

Naosenyum (ナオセニュン)

離婚をきっかけに、念願であったバリへ訪れた時、絵の奥深さと出会うことに。自分が抑え込んでいた感情を表現するツールとして、絵を描き続けていきたいとその時決意し、さまざまな方法を試したのちに、タングルや点描画を採り入れた独自の画法を考案する。自身のインスピレーションや感情をもとに、見る人に気づきをもたらす絵"Notice Art"の創作活動に取り組んでいる。
HP https://peraichi.com/landing_pages/view/notice-art/

-刊行書籍

Copyright© Clover出版書籍販売サイト , 2017 AllRights Reserved.